一瞬で採用担当を魅了|履歴書作成の秘訣

転職活動

こんにちは、平八です。

 

突然ですが、皆さんはこのようなことを思ったことはございませんでしょうか。

 

・転職活動をしたいけど、履歴書はどうやって作ればいいかわからない。

・履歴書を作る時に気をつけた方がよいポイントってやっぱりあるの。

・履歴書を作成しようと思うけど、どこまで作り込めば良いの。

 

 

今回は上記の内容についてお話していきます。

 

本記事をみれば、あなたは下記のようになっていることでしょう。

 

本記事を読むことで、

・転職における履歴書の重要性を理解できる

・履歴書の基本的な情報を理解できる

・企業が求める職種に応じた履歴書要件がわかる

 

この記事を書いた人
平八

私は、新卒で入社した会社を3年で退職し転職を経験しました。

転職後は某大手食品会社で自分と同じ挑戦意欲を持った仲間たちと「食」を支える社会貢献性の高い仕事をして、充実した生活を送っています。

-転職で変化したもの-
■年間休日
120日 ⇒  126日
■年収
470万円 ⇒  570万円
■残業時間
30時間/月 ⇒  10時間/月
■その他
・仲間
・意識の高い環境
・充実した生活

平八をフォローする

 

 

 

企業が履歴書を求める理由

 

第一に、履歴書は自分の経歴や能力をアピールするための重要なツールです。

 

転職を考える際には、履歴書を作成することは必須になることが多いです。

 

ではなぜ企業は履歴書の提出を求めるのでしょうか。

 

あなたは理解されているでしょうか。

 

これを理解しているのといないとでは、履歴書を作成する際の意識感でライバルと雲泥の差が開いてしまうので、しっかり理解しておきましょう。

 

企業が履歴書を求める理由はいくつかあります。

 

主な理由は以下の通りです。

 

 

1.候補者の選考

 

履歴書は、企業が応募者の能力や経験を評価するための重要な情報源です。

 

採用担当者は履歴書を参考にして、応募者のスキルや資格、職務経歴などを把握し、採用の可否を判断します。

 

 

2.応募者のマッチング

 

履歴書は、求人要件と応募者の能力や経験を比較するために使用されます。

企業は、求める要件に合致する候補者を見つけるために、履歴書の情報を分析します。

 

これにより、採用に適した候補者を選抜することができます。

 

 

3.法的要件の遵守

 

一部の国や地域では、採用プロセスにおいて履歴書の提出が法的に義務付けられている場合があります。

 

企業はこれらの法的要件を遵守するために、履歴書の提出を求めることがあります。

 

 

 

履歴書の基本情報

 

あなたが転職を考えている場合、第一に効果的な履歴書の書き方を理解することが重要です。

 

ここでは、履歴書に記載すべき基本情報についてお話します。

 

履歴書を作成する際には、以下の6点の基本情報を正確に記入する必要があります。

 

 

①氏名

 

フルネームを記入しましょう。

 

特に、外資系メーカーへ応募する際には、アルファベット表記と漢字表記の両方を記載すると良いでしょう。

 

 

②生年月日

 

西暦で生年月日を記入しましょう。

 

 

③性別

 

男性または女性を選択します。

 

 

④住所

 

現住所を詳しく記入しましょう。

 

都道府県、市区町村、番地などを含めます。

 

 

⑤電話番号

 

連絡先の電話番号を記入します。

 

 

⑥メールアドレス

 

正確なメールアドレスを記入しましょう。

 

 

 

 

続いて、履歴書の構成について見ていきましょう。

 

 

 

履歴書の構成

 

ここでは、履歴書の構成についてお話します。

 

魅力的な履歴書を作成するには、特定の重要な要素を含める必要があります。

 

履歴書は、以下の項目で構成されています。

 

 

1.個人情報

 

上記でもお話しましたが、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報から履歴書は始まります。

 

雇用主があなたに簡単に連絡できるように、正確かつ最新の連絡先情報を提供することが不可欠です。

 

 

2. 写真

 

履歴書の上部に貼り付ける又はデータとして添付します。

 

正面を向いて明るく、清潔な姿勢で撮影しましょう。

 

スーツやビジネスカジュアルな服装をすると効果的です。

 

 

3. 自己PR(職務経歴書)

 

自己PRは、自分の経歴やスキル、実績をアピールするためのセクションです。

 

具体的な事例や数字を使って表現するようにしましょう。

 

自分の強みを証明すると効果的です。

 

職務経歴書では、以下のような情報を記入しましょう。

  • 現在の職務や経験
  • 過去の職務や経験
  • 取得した資格やスキル
  • 実績や成果

 

 

4. 学歴

 

学歴のセクションでは、自分の学歴を時系列順に記入します。

 

本セクションでは、以下の情報を含めましょう。

  • 卒業した学校や大学の名前
  • 専攻や学位
  • 卒業年度

 

 

5. 職歴

 

職歴では、最近の職位から始めて概説するようにしましょう。

 

会社名、役職、入社日、各役割における責任と実績の簡潔な説明を含めます。

 

可能な限り業績を数値化して、特に貢献度の高い具体的な証拠を提供します。

 

例えば、下記のような表現です。

 

ソフトウェア開発者 | ABCテック

  • 5 人の開発者チームを率いて Web ベースの CRM アプリケーションの提供に成功し、クライアントの満足度が 30% 向上しました。
  • 自動テスト フレームワークを開発および実装し、ソフトウェアのバグを 20% 削減し、全体的な製品品質を向上させました。
  • 部門を超えたチームと協力して開発プロセスを合理化し、プロジェクトのタイムラインを 15% 短縮しました。

 

本セクションでは、以下の情報を含めましょう。

  • 勤務先の会社名
  • 所属部署や役職
  • 在職期間(年月)
  • 担当業務や実績

 

 

6. 資格・免許

 

希望する仕事への適性をアピールするには、自分のスキルや資格を強調することが重要です。

 

職務内容に記載されている特定の要件を考慮し、それに応じてスキルのセクションを調整してください。

 

例えば、下記のような表記です。

 

スキル:

  • 技術スキル: Java、Python、JavaScript
  • ソフトスキル: コミュニケーション、チームワーク、問題解決、リーダーシップ、時間管理
  • 業界固有のスキル: データ分析、UX/UI デザイン、プロジェクト管理

 

後に実施する面接では、あなたの主張を裏付ける具体的な例や実績を必ず提供してください。

 

 

7. 趣味・特技(追加セクション)

 

本セクションでは、自分の個性や特徴をアピールすることができます。

 

特に、仕事に活かせる趣味又は特技がある場合は、積極的に記載しましょう。

 

また、あなたの業界や応募する仕事に応じて、語学力、出版物、専門的な所属、ボランティア活動、関連プロジェクトなどの追加セクションを含めることもできます。

 

これらのセクションでは、あなたの能力と興味についてのさらなる洞察を提供することになります。

 

 

 

履歴書の書き方のポイント

 

以下のポイントに注意しながら履歴書を作成しましょう。

 

 

1.シンプルで読みやすい表現

 

履歴書は採用担当者が読むためのものですので、シンプルで読みやすい表現を心掛けましょう。

 

冗長な表現や専門的な用語は避け、わかりやすく伝えることが大切です。

 

特に、段落や箇条書きを活用して情報を整理しましょう。

 

また、希望企業へのアピールとして誇張した表現を使ってしまう気持ちもわかりますが、

 

嘘や誇張を避け、真実に基づいた情報を提供することに徹してください。

 

 

2.ターゲットに合わせたカスタマイズ

 

履歴書は応募する企業や職種によってカスタマイズすることが望まれます。

 

求人情報や企業の特徴に合わせて、自己PRや経験の強調点を変更することで、よりマッチング度を高めることができます。

 

💡採用者はここを見ている!避けるべきよくある間違いポイント💡

 

履歴書を書くときは、その有効性を損なう可能性のあるよくある落とし穴を避けることが重要です。

 

つまり、このポイントを押さえることで採用担当者が好む履歴書にすることができます。

 

それでは、避けるべき間違いをいくつか挙げていきましょう。

 

  • 詳細な情報:各セクションには具体的で正確な情報を記入しましょう。
  • 順番:時系列順に情報を整理しましょう。
  • 整理されたレイアウト:情報を見やすく整理するために、適切なレイアウトを選びましょう。
  • 文章の明瞭性:簡潔かつ明確な文章を使用しましょう。
  • 無関係な情報を含める: 応募している仕事に関連する資格や経験に焦点を当てます。
  • 過度の詳細を提供する: 履歴書は簡潔かつ要点を押さえ、最も重要な業績と責任を強調してください。そして、虚偽や大袈裟は表現は控えてください。面接で深掘りされた際に自分に返ってきます。
  • 専門的ではない電子メールアドレスの使用: 電子メールアドレスが適切であり、あなたの専門性を反映していることを確認してください。
  • 過剰なデザインまたは型破りな形式の使用: 読みやすく操作しやすい、クリーンでプロフェッショナルなデザインに固執するようにしましょう。

 

 

 

 

 

履歴書に関するよくある質問

 

 

履歴書に写真は必要ですか?

多くの場合、履歴書には写真が必要です。

写真は、面接前に雇用主が応募者の容姿や印象を確認するための重要な要素です。

 

 

履歴書は手書きですか、それともパソコンで作成しますか?

履歴書は一般的にはパソコンで作成します。

パソコンを使うことで、情報の修正や編集が容易になります。

ただし、企業によっては手書きの履歴書を要求する場合もありますので、

求人情報を確認しましょう。

 

 

履歴書は何枚用意すれば良いですか?

一般的には、面接官や採用担当者に1枚〜2枚の履歴書を提出します。

しかし、面接に複数人が参加する場合や書類審査のために複数枚必要な場合もありますので、求人情報や企業の指示に従って用意しましょう。

 

 

 

履歴書のレイアウトにはどのようなポイントがありますか?

履歴書のレイアウトでは、見やすさと整理された情報の配置が重要です。

項目ごとに明確な区切りを設け、箇条書きや段落を使って整理しましょう。

また、フォントや文字のサイズにも注意し、読みやすさを追求しましょう。

 

 

趣味や特技は必ず記載するべきですか?

趣味や特技は自己紹介の一環として記載することが一般的ですが、必ずしも必要ではありません。必要に応じて関連性やアピールポイントがある場合にのみ記載しましょう。

 

 

まとめ

 

転職における履歴書の書き方は、自分の経歴や能力を正確に伝えるための重要なスキルです。

 

転職活動を成功させるために、自分の価値を最大限にアピールすることが大切です。

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

本記事を見たあなたならもう採用担当者を魅了する履歴書を作成することができるでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました